www.hiptape.com

.

.


クレジットカードを持っていると通常は加入カード会社からご利用明細が送付されてきます。それら利用明細書内容にはどこで何時ごろ何の品にカードをいくら分消費したのかというような細かな内容が見やすい表になっているため、さかのぼってそのカードを使って払った決済の履歴を一目するのに非常に易しく実用的です。全く取って替えるにはなんとも少し無理があると思いますが、ミニおこづかい帳みたいなものにまとめることも面白いし管理にも使えます。それにこのご利用明細の通知があってからおおよそ数週間で請求金額の送金が実行されます。だから送られてきたカード利用明細を見て、身に覚えのない内容、例えば行ったこともない場所が書かれていたら、カード会社に問い合わせて尋ねれば良い場合が多いでしょう。本当にクレジットカード詐欺をはじめとする正当でない利用が発覚した際にもクレカ所有者に責任がない限りは、大多数の場合は加入カード会社がそうした疑わしい利用を削除してくれます。今時はこの利用明細書をホームページで見られるブランドがほとんどです。常時どんなサイトでいくら払って購入したかをチェックしておく決まりにしてカード犯罪に用心することをはじめとして出納帳代わりにもぴったりで貯金管理なども一度に可能です(専用ページで利用履歴をリストアップすることができるカード会社は以前の利用額や決済可能残高等が照会可能です)。クレカはこのような意味でもかなり貴重な道具だと言えます。